自分に合った時間や距離でウォーキングを実施
自分に合った時間や距離でウォーキングを実施

毎日の快適なウォーキングが健康に良い理由

健康的な生活にはウォーキングが欠かせません

水分補給

ウォーキングを行なうことで、無理なく健康を維持することができます。最近は、ウォーキングをはじめる年配の人が増えていて、若い人にも同じく人気があります。一人で歩いても、家族や友人と歩いても有意義な時間を過ごせるでしょう。ウォーキングには様々なメリットがあるので、見ていきましょう。

ウォーキングには様々な効果があります

心肺機能を鍛える
歩くことで呼吸が増え、心拍数が上昇します。無理なくウォーキングを継続することで、効果的に肺や心臓の機能を向上させることが可能です。血液がドロドロの人や血行の悪い人にも、ウォーキングはおすすめです。血行が良くなることで、代謝が高まり肌艶も良くなります。
ストレスを解消
過度な運動は体にストレスを与えてしまいますが、ウォーキングは大丈夫です。自分のペースで行なえるため、時間や場所などに工夫すれば、快適にストレスを解消できるでしょう。気持ち良く歩くことが大事なので、関節に違和感がある場合や疲れが気になるときは、グルコサミンなどを飲んで関節のケアをしっかりと行ないましょう。
脳を活性化させる効果
人と話をしたり指を動かしたりすると脳が活性化すると言われていますが、ウォーキングでも同じことが言えます。血行を良くして脳に新鮮な酸素を届けるウォーキングは、健康や若さの維持にとても有効です。他の人やペットと一緒にウォーキングをしても良いでしょう。ウォーキング中に誰かと会話をしたり、歩くこと以外のアクションを加えたりするとより脳が活性化するのです。
筋力低下を防ぐ
これまでに行なっていた動作をしなくなると、一気に筋力が低下します。筋肉量が減るだけでなく、筋肉の質も下がってきます。筋肉は関節や骨を支える重要なものなので、健康のために維持しなくてはいけません。関節が痛いからとじっとして動かないでいると、余計に体が辛くなっていきます。早めにグルコサミンを飲んだりサポーターで足腰を守ったりしながら、少しの時間だけでも運動を行なうことが大事です。

このようにウォーキングには多くのメリットがあるため、無理のない時間や距離で続けていくことが大切です。好きな場所を気持ち良く歩くことで、季節の変化や街の風景を楽しむことができるでしょう。快適なウォーキングを続けるために、体のメンテナンスにも気を遣うようになるはずです。

ウォーキングは介護予防にも効果的

年を重ねると、以前は自分一人でできていたこともなかなか難しくなっていくでしょう。介護が必要になっても、できるだけ自分でできることは自分で行ないたいものです。そこで、体力を落とさないために、そして健康寿命を伸ばすために、少ない時間でもウォーキングを続けていくことが大事です。体力を維持して快適な日常を過ごすことで、心身共に楽しく生きられるでしょう。

医師に相談してウォーキングを続けましょう

快適なウォーキングをはじめるためには、足腰や心臓の状態を確認する必要があります。ウォーキングを続けていく場合も同じです。定期的に医師の判断を聞いてから行ないましょう。足腰に痛みや違和感がある場合はグルコサミンが有効ですが、内蔵や血液などに注意が必要な項目があれば、早めに改善しなければいけません。時間を作って、医師に相談しましょう。

短い距離のウォーキングでも注意が必要

歩く前に気を付けることはありますか?
歩く前に行なわなければいけないのが、ウォーミングアップです。足腰や手首の関節、筋肉や腱を柔らかくする必要があります。軽く血行を促進することで、一気に心臓や肺に負荷が掛かることも抑えられます。また、このときに体のコンディションを確認しましょう。体が冷たかったりこわばったりしているようであれば、寒さ対策を行なうかウォーキングを延期するようにします。無理をせずに体調に合わせて行なうことが、何よりも大事だからです。
歩いている最中に気を付けることはありますか?
暖かい時期は過ごしやすいだけでなく、体も動かしやすくなります。特に天気の良い日に時間を見つけて行なうウォーキングは、気持ちが良くストレス発散に効果的です。しかし、快適だからと油断していると、脱水症状や関節への過負荷を招いてしまいます。水分補給やグルコサミンの摂取を忘れずに行ないましょう。
歩き終わった後に気を付けることはありますか?
ウォーキング後は、必ず正しい方法でマッサージを行ないましょう。人は、歩いたり走ったりするときに全身の筋肉を使います。50~60代の人であれば、加齢により代謝が落ちています。運動時は疲労物質が発生するだけでなく、溜まっていた老廃物の流れも促されるため、放置するのは良くありません。全身を優しく丁寧にマッサージして、疲れを取っていくといいです。熱すぎないお風呂に浸かったり、ゆったりとした衣服に着替えることも大事です。

運動する人

自分の時間を持ち快適なウォーキングを続けることで、楽しく健やかな日々を送れるでしょう。ウォーキングをするときは体が冷えないような衣服を選び、関節を守ってくれるサポーターの着用、グルコサミンの摂取なども行なうといいです。しっかりと準備をした上で行なえば、脱水症状や怪我などのトラブルを未然に防げます。自分のペースや歩き方を見つけましょう。

快適なウォーキングを支える方法

高齢者の人が、ウォーキングを快適に続けるためには、正しいフォームを身に付ける必要があります。体への負荷を減らして、効果的に歩きましょう。

ウォーキングの姿勢

  • 頭を真っ直ぐに安定させる
  • 視線は10メートル先を見る
  • 背筋を伸ばして頭から足までを1本の軸と意識する
  • 腕は90度曲げるようにし、力を入れずにリラックス
  • 歩いていると腰が落ちてくるので一定の高さを維持
  • 足はかかとで着地してつま先で蹴りだすように歩く
  • 膝は腰から前にだすイメージで歩き膝を伸ばすこと
  • 歩幅は広く取って歩く

フォームが崩れると身体が歪んだり、怪我をしたりするので要注意です。姿勢に自信のない人は、鏡でフォームを確認したり周りの人に見てもらったりすると良いでしょう。いつもよりも疲れたり逆に楽に感じたりするときは、そこから自分の体に合った良いフォームに見つけましょう。

ウォーキングは夜の時間帯がおすすめです

日中は副交換神経が活発に働いているため、体は適度に緊張しています。逆に、夜は交感神経が優位になるため、リラックスしやすいときです。特に、ウォーキングをこれからはじめるという人には夜間がおすすめです。昼と違って人通りや車の流れも多くないので、リラックスしながら安心して歩けます。明け方も人気ですが、朝は血管が収縮していて体がこわばっているため、怪我が起こりやすいです。中には急いでいる車もあるため、事故も恐いです。ウォーキングは、夜間の涼しい時間帯に行なうのが良いでしょう。

ウォーキング中に必要な道具

ウォーキングを少しでも快適に行なうためには、次のような道具を用意した方が良いです。自分の体に合ったものを選んで、ウォーキングを行ないましょう。

シューズ
足腰の関節に負担を掛けないように、クッション性の高いシューズを選びましょう。軽さやフィット感を見ながら、自分の足に合ったものを探すと良いです。合っていないシューズで歩くと、靴擦れやマメの発生、転倒のリスクが高まります。短時間のウォーキングであっても、快適に歩くためにシューズ選びは大切です。
ライト
夜のウォーキング場所がある程度明るければあまり必要ありませんが、安全を考えて持っていた方が良いでしょう。最近は、首から掛けるネックタイプのライトも登場しています。LEDライトを用いたものは軽量で寿命も長いのでおすすめです。
蛍光タスキ
こちらもライト同様、夜のウォーキングには必要と言えます。事故予防のために着用しましょう。蛍光タスキは、ホームセンターなどで購入可能です。夜のウォーキング以外には、曇の日に着用しても良いでしょう。家族の心配も減らせます。

ウォーキング中に膝が痛くならないように対策

医師に相談して、自分に合ったストレッチ方法を教わることも大事です。ウォーキング中に膝が痛くなった場合は直ぐに中断して、医師に相談しましょう。ウォーキングは、足腰に良い影響を与えます。これは医学的に証明されていることです。しかし、ウォーキングを行なうなら無理しないで行なうことが一番重要です。

ウォーキングを続けるために必要な栄養素

膝の痛みを和らげる栄養素をいくつか紹介しますので、それらを摂取することが大切です。

コンドロイチンには関節痛を和らげる効果があります (医師)

関節部分の軟骨は、骨と骨とのつなぎ目でクッションの役割を担っています。骨同士の摩擦や運動の衝撃を和らげてくれていますが、加齢によって減少するためしっかりと補わなくてはなりません。コンドロイチンは軟骨を作る成分なので、積極的に摂取すると良いです。

グルコサミンには軟骨の強度を高める効果が含まれています (医師)

グルコサミンは、コンドロイチンと同様に重要な働きをしている成分です。関節部分の軟骨を再生するために必須です。細胞や組織を結合するときに使われるので、関節にしなやかさを与えてくれます。関節痛や腰痛がある場合は、グルコサミンとコンドロイチンを両方摂取する必要があります。

コラーゲンにはグルコサミンとコラーゲンを支える効果があります (医師)

栄養素を摂取する際に気を付けたいのが、バランスです。配合量の多さだけを見てサプリメントや医薬品を選ぶ人が多いですが、バランスが悪いと効果を得られません。それぞれの成分が支え合いながら、体内で効果を発現するためです。

サプリメント

快適なウォーキングを続けていくためには、これらの栄養素が必要です。ですから、サプリメントでバランス良く摂取するようにしましょう。錠剤タイプ以外にドリンクタイプもあるので、継続して摂取しやすいものをサイトからチェックして選んでみるといいです。下記にあるこれらのサイトでは、役立つ情報が詳しく掲載されており、比較もしやすいため、非常に便利です。

TOPボタン